明日からすぐできる!あなたがコミュ障を治すための、たった1つの方法。

コミュニケーション能力障害
(テキストリンク)
「一定時間以上ヒトと話すとストレスで動けなくなる」ステータス異常のコミュ障、佐治なじむです。こんにちは!

 

あなたは、人とのコミュニケーションがうまくできなくて悩んだこと、ありませんか

初対面の人が苦手
沈黙が続く気まずさに耐えられない
モテるようになりたい…!

ぼくも、中学生の頃から自分のコミュ力のなさに悩んできました。

しかし、本やらなんやらを参考にしつつ、10年以上いろいろと試行錯誤した結果、(本気を出したときに限ってですが)人並みにコミュニケーションができるようになりました

いまでは、(初対面、本気モードのときに)コミュ障だと見破られることは、まずない…と思う。

 

さて、コミュニケーションもプロがいるような1つのスキルである以上、上達するための練習方法があるはずです。

そして、練習方法がある以上その中でも最も効率的な最短ルートがあるはず。

それは何かと今になって考えてみると、、

 

ぼくは「好きな人に質問しまくること」だと思います。

理由は以下

 

なんで質問することが効率的な練習になるの?

 

  1. 質問されると、相手は気持ちよくなれる
  2. 目標がはっきりするので上達しやすい
  3. とりあえず、質問しとけば話題が尽きることはない

 

ひとつずつ詳しく書いていきますね。

 

質問されると、相手は気持ちよくなれる

 

とりあえず会話で気持ちよくなってもらおう=コミュ力

会話って、きほん相手をしゃべらせてなんぼじゃないですか。

しゃべってると気持ちいいし。(飲み会で、同じこといっつもしゃべってるおっさんって気持ち良さそうでしょ?)

なので、まずは話し相手に徹底的に気持ちよくなってもらいましょうっていうのが根っこの考え。

 

というか、「会話のあとに気持ちよくなること」こそが、コミュニケーションの本質そのものなんです。

「情報交換」とかは本質ではない。

(詳しくはこの本で↓)

 

 

で、気持ちよくなってもらう(=しゃべってもらう)ためには、まずは質問するしかないわけですよ。

ぼくらは自分のことをしゃべってる場合ではないんです。

その暇があったら、質問5つくらい考えつくし。

 

カエルのカップル

 

 

おもしろいことは言わなくても大丈夫

ところで、あなたは芸人さんみたいに「パッとおもしろいコメントが言える能力」がコミュ力に必要だと思っていませんか?

ぼくは、過去に激しくそう思ってました。

特に中学生の頃なんて、おもしろいことを言えることがコミュ力の全てだと考えてた

毎晩、芸人の深夜ラジオ聴きながら、ネタ帳にメモったりしてたな〜(しみじみ)

夜にパソコン

で、そのネタ帳の内容を友達あいてにアウトプットするわけですが・・・

意外なことに、それは「会話が円滑に進む」ための助けに全くならなかったんですよ。

むしろ、ウケを狙った発言でみんなが笑ってくれた後に、誰もしゃべらない数秒の間があいてしまって会話のリズムがおかしくなることの方が多かった。

 

たぶん、「ウケ」というのは会話におけるスパイスのようなもので、必須のスキルではないのだなと気づいたのはだいぶ後になってからのこと。

 

おもしろいコメントを考える暇があったら質問しましょ、質問。

 

目標がはっきりするので上達しやすい

目標は具体的であればあるほど、達成率はあがりますよね。

なんにしても。

 

「海賊王に俺はなる!」だけ宣言しても漠然としてて、実際何していいかわからん。

でも、「1年以内に、懸賞金1億ベリー&仲間10人以上」 という具体的な短期目標があってそこから逆算すると、やるべきことがはっきりしてくる

線路は続く

同じように、「コミュニケーションがうまくなりたい」という最終目標があるとすると、

「相手に気持ちよく話をしてもらえるような状態に、5回の質問でたどり着くようになるできる」みたいな具体的な目標がある方が上達がはやいです。

結構難しいですよ、これ。

なじむ
Aさんって休みの日って何しとるんです?
Aさん
ドライブとかかなー
なじむ
あっ、車お好きなんですか?なにに乗られとるんです?
Aさん
ハチロクなんだけどね
なじむ
まじですか!バリバリですね!ぼく車のことあんま詳しくないんですけど、車好きな方ってどの辺に面白さを感じるもんなんです?
Aさん
俺はフォルムとかスピード感とか?乗ってて純粋に楽しいしね。ハチロクの場合はねえ、○※☆△………

 

いや、絶対こんなうまいこと行かんな。。

 

とりあえず、質問しとけば話題が尽きることはない

初めてのデートの時って覚えてます?

どんなことをしゃべろう。あれを話して、そのあとこの話をして…

みたいに、色々と作戦をたてませんでしたか?

でも、質問しまくれば万事解決です

 

「相手がよろこぶような質問がいつでも浮かぶ」というスキルがいったん身についてしまえば、もうその一択、無限ループで万事OK

まさにS2機関ですよっ(質問の”S”ね)。

ミニオンたちの会話

 

さて、コミュ力をつける最短ルート「好きな人に質問しまくる」の後半部分、「質問しまくる」の部分の理由が

  1. 質問されると、相手は気持ちよくなれる
  2. 目標がはっきりするので上達しやすい
  3. とりあえず、質問しとけば話題が尽きることはない

でした。

 

次は、前半の「好きな人に」の部分について。

 

なぜ「好きな人に」なの?(その1)

ズバリ、その方が簡単だから。

脳科学とかでいう、簡単なことからはじめて徐々にむつかしくしていく方が効率がいいってやつです(逐次接近法)

 

質問するって、「私はあなたに興味ありますよ~」ってアピールすることじゃないですか。

ぼくの場合、ある程度好きな人じゃないと、相手の立場にたって心を込めて質問するのはむつかしかったんですよね〜。

「嫌いな人&苦手な人に質問はハードルが高いので後回しにしよう」と考えてからすでに10年以上が経ってしまいました(笑)

 

口論っぽいシルエット

 

この話を友達としてたら

私は興味ない人に質問しまくる方が簡単だなー。どう思われてもいいから心置きなく質問できるし

って言ってました。

なるほど。そういう方法もあるかもね〜

ぼくは、興味ない人と話すくらいならコミュ力のトレーニングを諦めますが(笑)

 

なぜ「好きな人に」なの?(その2)

好きという感情自体が学習効果を高めてくれます。

興味のあること(ポケモンとか)をいつの間にか覚えてるのはまさにこれ。

 

なぜ「好きな人に」なの?(その3)

質問しまくることで、その人から好きになってもらえるかもしれません。

まさに一石二鳥!

 

まとめ

以上、「好きな人に質問しまくること」がコミュ力を上げる最短ルートだ!というはなしでした。

 

※以下、一応おきまりの保険の文章。。

 

もちろん、これだけでコミュ力が劇的に上がるとは限りません。

コミュ力にかかわらず、あらゆる目標って、(1つ1つは簡単な)スキルをたくさんたくさん積み重ねて達成するものだから。

でも最初のとっかかりとして、「好きな人に質問しまくること」はオススメですよ〜。