セブ島のマルチクリエーター吉本壮馬さんから盗んだ、たった1つの成功法則

マルチクリエーター吉本壮馬

こんにちは。なじむです。

あなたは、マルチクリエーター吉本壮馬(よしもとそうま)を知ってますか?

吉本壮馬路上パフォーマンス

吉本さんは、セブ島を拠点に活動している27歳のフリーランサー。

ブロガー・webライター・動画クリエイター・筆文字カリグラファー・webデザイナーという多彩な肩書きもつスーパーマンです。

将来さらに有名になると思うので要チェックですよ~

 

ところで、実は吉本さん。

現時点での技術レベルはそこまで高くありません(←え)

それは、何も知識が無い状態で4ヶ月前にセブ島にIT留学しにきたばかりだから。

そして、インプットもそこそこにすぐさま仕事を始めたから。

 

しかし完全に見切り発車ながら、次々と仕事を見つけてきてはそれをこなしていく吉本さんの行動力は、まさに成功者のそれ

この間お会いして、こっそりと彼の成功の秘訣を盗んできたのでシェアします。

見切り発車マルチクリエーター吉本壮馬はバカ←

今年の3月までマクドナルドの店長だった吉本さん。

マックで働いている頃の吉本壮馬

意を決して会社を辞め、今年4月にセブへ単身渡航。

IT・デザインなどを教えているアクトハウスという学校へ入学します。

デザインを学ぶ吉本壮馬

その時点で、IT・デザインの知識はゼロ

しかし、その3か月後にはすでに自身を「マルチクリエーター」と名乗ってブログサイトを立ち上げ、ライターの仕事カリグラフィーの路上パフォーマンスなどを始めていました。

吉本壮馬路上筆文字パフォーマンス

その課程でどんどん現地での人脈をつくっていく吉本さん。

さらに、セブ上陸から4か月たった今ではセブの山奥に学校を建てるプロジェクトを企画したり、セブのサッカーチームのユニフォームをデザインしたりしています。

吉本壮馬サッカーTシャツをデザインする

IT・デザインを勉強された事がある方は同じ感想を持たれると思うんですが、

…いやいや、見切り発車が過ぎるでしょうよ

 

実はぼくも彼と同じ学校に通ってたんで分かるんですが、IT・デザインといった技術を3カ月で習得するのは絶対に不可能です。

初心者から始めて3ヶ月そこそこの知識で仕事をはじめるなんて、正直非常識もはなはだしい。せっかく勉強しにきたんだからせめて半年くらいはじっくり知識をインプットするというのが定石です。

この段階で仕事をはじめるって、家での電球の紐ボクシングしかやったことないのにリングに上がるようなもん。無計画

ボクシング

まぁ、あえてひとことで言うならバカですね。バカ(笑)←

バカは打席に立つ回数が多いので成功しやすいらしい byホリエモン

ところで、最近DCAPサイクルという言葉があるそうです。

「とりあえず何かをやってみて(Do)、問題点を洗い出して計画を練り直す。」

それを高速で繰り返すのが最も効率がいいんじゃないか、ってことみたい。(というかPDCAサイクルの順番かえただけ)

そういえばホリエモンも「バカは打席に立つ回数が多いから成功しやすい」ってよく言ってます。

バカは最強らしいが、ぼくにその勇気はない

そう考えると、吉本さんのキテレツな行動はある程度成功法則に乗っとっているようです。

現にすでに色々と仕事が増えてってるし

ありがたいことに一つずつ自分のできることから仕事に繋がっていっています。

これは本当に嬉しい。リアルにマルチクリエイターになりつつあります。

吉本さんのブログ記事より引用

しかし、素人同然の知識で打席に立つとさぞかし失敗も多いことでしょう。

ぼくは頭が良いしプライドが高いので、そんなリスクをとるのは怖い。←

なので彼のブログをフォローして、1年後どうなってるか高見の見物をしておくことにします。

Sohmac :そーまっく

 

球磨川禊(くまがわみそぎ)の少年ジャンプ史に残る人気の秘密は、そのハチャメチャな行動にある。

ところで、あなたは「めだかボックス」っていうマンガを知ってますか?

めだかボックスは、西尾維新(にしおいしん)っていう結構有名な作家が脚本を担当している「特殊能力もの」バトルマンガです。

その中で、球磨川禊(くまがわみそぎ)ってキャラが出てくんですよ。

「どこに打ち込まれても致命傷」で「どんな勝負にも勝つことができない」っていうかわいそうな設定なんですが、なぜかこのキャラが読者にめちゃくちゃ人気なんです。

週刊少年ジャンプ連載中の人気投票では、主人公の黒神めだかの4倍の得票数ぶっちぎりの1位でした。これほど圧倒的に主人公を引き離したキャラは、ジャンプ史上いないそう(笑)

さて、球磨川禊(くまがわみそぎ)の魅力のひとつに、「外見こそ普通の学生だが、言動や行為の1つ1つが常軌を逸したものばかり」というのがあります。

なにせまず彼がもってる特殊能力がやばい。『大嘘憑き(オールフィクション) 』という名前の能力で、あらゆる事象を「なかったこと」にできます。「他人の死」すら「なかったこと」にできるという、漫画史に残るチートキャラw

その球磨川禊のめちゃくちゃな行動や人気が、ぼくはなんとなくマルチクリエーター吉本さんに通じるように感じます。

吉本さんのブログも妙に読者が多いんですよ。そこまで文章が面白いわけでもないのに(←)。それってきっと彼の文脈が面白いんだと思うんです。人生が面白いと言い換えてもいいかもしれない。ぼくもそんな風な文脈の文章が書けるようになりたいものです。

 

そういうわけで、吉本さんの破天荒な生き様が行間からにじみ出てくるブログ「Sohmac(そーまっく)」

ぜひあなたもご覧になってください

Sohmac :そーまっく

 

以上、マルチクリエーター吉本さんのステマ記事でした♪

 

最後に球磨川禊(くまがわみそぎ)の名言をどうぞ

あいつらに勝ちたい

 

格好よくなくても 強くなくても 正しくなくても

美しくなくとも 可愛げがなくとも 綺麗じゃなくとも

格好よくて 強くて正しくて 美しくて可愛くて 綺麗な連中に勝ちたい

 

才能に恵まれなくっても 頭が悪くても 性格が悪くても

おちこぼれでも はぐれものでも 出来損ないでも

才能あふれる 頭と性格のいい 上り調子でつるんでいる できた連中に勝ちたい