若い世代は、上の世代よりあらゆる面で優秀。まだ気づいてないの?

こんにちは。なじむです。

 

あなたは「近ごろの若い奴らは」と言われたことはありませんか?

もしくは、「近ごろの若い奴らは…!」と思っていませんか?

近頃の若いもんは

ぼくはアラサーということもあって、どちらの立場の人の話もよく聞きます

しかし、ほんとうに若い世代は上の世代に比べて「なってない」のでしょうか。

 

ぼくは基本的に、「若い世代であればあるほど、あらゆる面で優秀」だと感じてます。

なぜか。理由は以下。

教育の質が上がってるんだから当たり前だろ

ひとことで言うと、教育の質が上がっているから。

経験年数だけでは専門能力の有無は語れない医者としての活動年数が高い人ほど、若手の医師と比べて医療の知識に乏しく、治療の提供能力も低い¹人類の知能指数が年々上昇しているフリン効果などといったデータを持ち出すまでもなく。

教育手法の進化が若い世代の効率を上げる

単純に教育手法が進化していってるんだから、子どもたちはより賢くなってしかるべきでしょう。

たとえば効率の良い勉強の仕方や、教え方は日々アップデートされています(教育学、脳科学などの成果です)。

学校の先生が上手く答えられない疑問もググれば解決できるし、質の高い授業や英語教材はYoutubeで無限に手に入ります。

効率の良い勉強が可能

だって20年前に1人だけスマホ持ってたら、そいつ完全に天才ですからね。何聞いてもすぐ答えられる。

ひと昔前の我々が10の努力で成し遂げられたことを、今の若い世代は7くらいまでショートカットできるんです。いいなー。

そうあってしかるべき

そして、もちろんそれは喜ばしいことです。

人類が積み重ねてきた叡智は、とりあえずは次の世代の人たちにそれを託すためにあるんだし

 

天才ニュートンだって、万有引力の法則を全くのゼロから導き出したわけではありません。新たな発見は、常にそれまでの知見の上に成り立つもんです(彼はそれを「先人という名の巨人の肩の上に乗って世界を見渡す」と表現しました)

巨人の肩に乗るニュートン

この傾向は、どんどん顕著になる

世の中の情報量( ≓ 便利さ)は指数関数的に増えていっています。

効率よく上昇

自分の経験だけでも、数年前と比べて格段に勉強がしやすい環境になりました。

きっと、「若い人の方が優秀」という傾向は今後ますます露骨(ろこつ)になっていく

たとえば今年生まれる人たちは、未成年のころから当然のように仮想通貨で昼ごはんを買って、自動翻訳機能を使って海外の人とチャットするようになるはずです。バイトとか単純作業はAIに任せて。

若い世代は仮想通貨、翻訳、AIを使いこなします

上の世代のアイデンティティはどうなるの?

そうなると、上の世代は苦しいですよね。顔が立たないというか。

なにせ、部下の方が色んな事を知ってるし、効率よく仕事をこなすっていう…。

かといって、プライドを保つために高圧的な態度をとってしまうほどダサいものはない

はてどうしたものか。

上の世代のアイデンティティ崩壊

そもそも、そんなことどうでもいいじゃん!

僕は、「そんなことで無くなってしまうアイデンティティなんて、そもそも無いに等しいだろ」と思います。

いいじゃないですか。

部下が優秀になるために上司がいるんだし。しかも、ぼくらは人類全体として勝負してるんだし。

チームワーク

そして、スペックだけでその人の知性や価値、ましてや幸福度は決まらないはずです。

「自分の能力」なんていう、地球規模で見たらチリのような些細(ささい)なことに一喜一憂するひまがあったら、同僚や部下との「対話」に時間を割いた方がいいじゃんって思う。

ときには部下に教えてもらい、ときには教えてあげましょう。

そんな心持ちを組織全体で共有できるようになれば、日々の仕事が楽しくなる気がしてます。

若い世代との対話